徒然なる明日へ

bzg01041.exblog.jp

日常とは異なる風景を求めて、気ままに…

ブログトップ

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0217507_09401426.jpg
ポルトガルの最終日は鉄道の世界へ。
ここはリスボン近郊にある世界遺産シントラの街への入り口「シントラ駅」です。
売店もあり、パンなど豊富に取り扱っていますので、食には困りませんよ。

f0217507_09401511.jpg
シントラ駅のホームにて。日本には上野駅など終着駅にしか存在しない頭端式の2面3線のレイアウトです。
車内はごく普通の近郊形電車でした。

f0217507_09401536.jpg
シントラ駅から到着したリスボン市の「ロシオ駅」です。外光を取り入れた明るいホームでした。

f0217507_09401541.jpg
有名な「ピッカのケーブルカー」です。観光客で常に満員ですが、ゆっくり歩いても10分程度の距離を走っています。

f0217507_09401596.jpg
次は市電の28系統へ。この急こう配を電車が一気に駆け上がるのは日本ではなかなか見られない光景です。坂の街リスボンならではの風景です。

f0217507_09401547.jpg
同じく市電28系統。この狭い路地にも市電が走っています。専用軌道ではなく、クルマも数珠繋ぎになって走っているのが珍しかったですね。

[PR]
by bzg01041 | 2018-01-28 09:56 | 鉄道 | Comments(0)
f0217507_20153838.jpg
ポルトガル中部の村、モンサントに到着。既に時刻は午後5時をまわっていました。

f0217507_20153887.jpg
山頂にある城跡を訪問しての帰り道。こんな雰囲気の路地が至る所にありました。

f0217507_20153868.jpg
世界遺産コインブラの散策。ポルトガルの街は坂が多く、それなりの覚悟が必要です。

f0217507_20283400.jpg
ポルトガルの首都リスボンから1時間ほどの距離にあるオビドスの街。メインストリートは両側にお店が並びますが裏通りに入るとご覧のような風景が。

f0217507_20283403.jpg
こちらもオビドスの街の裏通り。カラフルな色使いの建物が多いだけに薄曇りの天候は全く残念でした。


[PR]
by bzg01041 | 2018-01-23 20:25 | | Comments(0)
今年のお正月はポルトガルで迎えました。冬のヨーロッパは1週間全て曇り空が続き、撮影には不向きでしたね。

f0217507_20283255.jpg
ポートワインの発祥地、ポルト市の夕暮れからの一枚。

f0217507_20363003.jpg
ポルト市の河口にかかるドン・ルイス1世橋の夜景です。この橋の上を市電が走っていて、橋からの眺めも素晴らしいですね。

f0217507_20283341.jpg
元旦はここギマランイス市からのスタートとなりました。天気はよくないですが、観光客の姿が皆無なのは助かります。

f0217507_20283390.jpg
同じくギマランイス市の路地にて。絵になるスポットには事欠きません。全く知らなかったポルトガルの魅力です。

[PR]
by bzg01041 | 2018-01-18 20:51 | | Comments(0)
f0217507_14042617.jpg
まずは川口市にある「旧田中家住宅」へ。ビル群の中に大正期の木造3階建の住宅が残っているのが驚きです。

f0217507_14042629.jpg
離れの大屋根の下には茶室が。このような構造の茶室は初めて見ました。

f0217507_14042638.jpg
次は小金井市にある「江戸東京たてもの園」へ。その中にここ「三井八郎右衞門邸」はありました。昭和27年築の和風住宅ですが、2階の天井には洋風の豪華なシャンデリアが吊るされているのが特徴です。

f0217507_14042678.jpg
同じ園内にある「高橋是清邸」へ。これでも住宅の一部だけがここに移築されたようです。

f0217507_14042623.jpg
東京駅に戻り、駅舎全体が見渡せるポジションを探します。まずは新丸ビル7Fのテラスから丸の内駅舎を正面から。

f0217507_14042669.jpg
続いてKitte6F展望テラスから東京駅の横顔を。これらはいずれも無料で利用できるので、東京駅でのちょっとの空き時間で訪問は可能ですよ。

[PR]
by bzg01041 | 2018-01-13 15:44 | 風景 | Comments(0)