人気ブログランキング |

カテゴリ:旅( 72 )

ベトナムの風景~その2

f0217507_22161165.jpg
ホーチミンまで南下してきました。例によって夜、出かけてみると偶然に出会ったのが、ここ「ホーチミン歌劇場」。

f0217507_22161135.jpg
続いてすぐ近くにある「ホーチミン人民委員会」の建物。撮影禁止だと聞いていましたが、皆さん何枚もシャッターを切っていました。

f0217507_22161118.jpg
サイゴンスカイデッキに入場。日本円で1000円支払って地上262mの景色を見に行きます。

f0217507_22161140.jpg
そこで偶然出会ったのがこの風景です。

f0217507_22161097.jpg
これも思わずシャッターを切りました。炎天下の交差点で将棋?を楽しむ人たちです。
日本ではなかなか見られない風景ですね。

by bzg01041 | 2019-05-24 22:25 | | Comments(4)

ベトナムの風景~その1

f0217507_20532515.jpg
ハノイにある観光名所「ホアンキエム湖」に夕食の後、フラリと出かけてみました。日中は暑いので南の国々は涼しくなる夜が賑やかになる傾向があります。

f0217507_21180918.jpg
オバマ大統領が広島訪問前にハノイ市内で立ち寄った店「ブンチャー・フォンリエン」で夕食。その時の写真とテーブルが飾られていました。

f0217507_20513630.jpg
ドンホイ到着後、天使の洞窟と呼ばれる「ティエンドゥーン洞窟」に向かいました。ここはお勧めです。

f0217507_20513636.jpg
ベトナムの古都フエに到着後、王宮のライトアップを撮影に出かけました。

f0217507_20513550.jpg
フエの王宮のすぐ前にあるフラッグタワーへ。刻々と色が変化していく様は撮影していて全く飽きがこないものでした。

f0217507_20513666.jpg
同じくフエの「チャンテイエン橋」で。こちらもライトアップが絵になります。

f0217507_20513628.jpg
さらに南下してホイアン旧市街へ。夕暮れの路地裏散歩は名所巡りにはない楽しさがあります。

f0217507_20513657.jpg
そのホイアンの名所「日本橋」付近で。結婚式の前撮りのシーンに出会いました。

f0217507_20513622.jpg
ここで時間を使い過ぎてしまい、夕食を予定していた店からCLOSEの断りを入れられたのは失敗でした。

by bzg01041 | 2019-05-23 21:16 | | Comments(0)

年末年始は北アフリカのサハラ砂漠が有名なチュニジアを訪問してきました。成田から24時間の長旅となりました。

f0217507_18443497.jpg

ここは「ザグーアンの水道橋」。2世紀に造られ132kmにわたって水を運んだ遺構です。

f0217507_20300585.jpg
水道橋のすぐ脇をレールが通っていました。鉄道ファンとしては見逃せない光景です。

f0217507_20300464.jpg
ケロアンという街の旧市街にある路地に迷い込んで。このような日本にはない風景が海外の魅力です。

f0217507_20483716.jpg
さらに翌日はトズールという街の旧市街へ。ここは個人的には今回、一番気に入った街になりました。日陰煉瓦を組み合わせた様々な壁が見どころです。

f0217507_20300558.jpg
この日の宿泊はサハラ砂漠でした。日没間際の長く伸びる人影を一枚。

f0217507_20300572.jpg
3世紀に建築された「エルジェムの円形闘技場」にやって来ました。ローマにある闘技場よりも保存状態がよく、周囲が400mもあるそうです。

f0217507_20300542.jpg
チュニジアン・ブルーと称される「シティ・ブ・サイド」へ。青い窓枠と白壁で彩られた家々の街です。ここはアーモンドティーで有名な「カフェ・デ・ナット」です。

f0217507_20300520.jpg
最終日、首都チェニスの早朝の風景です。7時というのにまだ夜が明けきっていないのが印象的な国でした。



by bzg01041 | 2019-01-31 21:19 | | Comments(4)

f0217507_21530706.jpg
ババロア撮影会前日、広島県の江田島へ向かいました。呉港に接岸するフェリーが近づいてきました。

f0217507_21530733.jpg
海上自衛隊第一術科学校の正門です。ここが旧海軍兵学校の入り口です。

f0217507_21530714.jpg
旧海軍兵学校は残念ながら中へは入れませんが、美しい機能美をみせてくれました。

f0217507_21530721.jpg
中庭から見た旧海軍兵学校。こちらもアーチが美しいですね。

f0217507_21530655.jpg
呉港に戻り、「呉艦船めぐり」に乗船しました。ヘリ空母の「かが」が停泊していました。

f0217507_21530696.jpg
「かが」は全長約250m。他の護衛艦と比較すると、その大きさがわかりますね。

f0217507_21530683.jpg
「かが」の艦橋です。これらを見る事ができただけでも呉にやって来た甲斐がありましたね。

by bzg01041 | 2018-12-05 22:17 | | Comments(2)

東西迎賓館比較

平成30年1月に東京赤坂の迎賓館に。3月に京都迎賓館へ出かけました。

f0217507_21242439.jpg
迎賓館赤坂離宮の庭園側になります。

f0217507_21242482.jpg
こちらは予約が必要な和風別館です。

f0217507_21242541.jpg
夕暮れの赤坂離宮の正面玄関側です。
東の迎賓館は洋風の室内でしたが、撮影禁止だったのは残念でした。

f0217507_21242504.jpg
ここからは京都の迎賓館です。「藤の間」になりますが、赤坂と違い、和の空間で構成されています。撮影も全てOKでした。

f0217507_21242572.jpg
こちらは「桐の間」です。今回はガイドツアーに参加したので、この部屋の一番奥にまで足を踏み入れる事ができましたが、フリーツアーではこれ以上奥には入れないとの事でした。


f0217507_21242533.jpg
海外からの賓客には、この池に舟を浮かべるという演出もあるそうです。

東西とも拝観料は1500円でした。調度品などに傷がつかないようにかなり気を配っていましたので、この金額も仕方がないかもしれませんね。

by bzg01041 | 2018-03-15 21:43 | | Comments(0)

f0217507_20153838.jpg
ポルトガル中部の村、モンサントに到着。既に時刻は午後5時をまわっていました。

f0217507_20153887.jpg
山頂にある城跡を訪問しての帰り道。こんな雰囲気の路地が至る所にありました。

f0217507_20153868.jpg
世界遺産コインブラの散策。ポルトガルの街は坂が多く、それなりの覚悟が必要です。

f0217507_20283400.jpg
ポルトガルの首都リスボンから1時間ほどの距離にあるオビドスの街。メインストリートは両側にお店が並びますが裏通りに入るとご覧のような風景が。

f0217507_20283403.jpg
こちらもオビドスの街の裏通り。カラフルな色使いの建物が多いだけに薄曇りの天候は全く残念でした。


by bzg01041 | 2018-01-23 20:25 | | Comments(0)

今年のお正月はポルトガルで迎えました。冬のヨーロッパは1週間全て曇り空が続き、撮影には不向きでしたね。

f0217507_20283255.jpg
ポートワインの発祥地、ポルト市の夕暮れからの一枚。

f0217507_20363003.jpg
ポルト市の河口にかかるドン・ルイス1世橋の夜景です。この橋の上を市電が走っていて、橋からの眺めも素晴らしいですね。

f0217507_20283341.jpg
元旦はここギマランイス市からのスタートとなりました。天気はよくないですが、観光客の姿が皆無なのは助かります。

f0217507_20283390.jpg
同じくギマランイス市の路地にて。絵になるスポットには事欠きません。全く知らなかったポルトガルの魅力です。

by bzg01041 | 2018-01-18 20:51 | | Comments(0)

若狭・但馬900キロ

f0217507_11144957.jpg
日本海から京都への鯖街道の中継点として栄えた「熊川宿」をまずは目指しました。

f0217507_11144938.jpg
同じく「熊川宿」にて。宿泊もできる「旧逸見勘兵衛家」の2階からのアングルです。

f0217507_11144930.jpg
「安寿の里もみじ公園」から由良川鉄橋を渡る「京都丹後鉄道」の列車を狙いました。バックは日本海です。列車がピンボケなのはご愛敬です。

f0217507_11144909.jpg
「加悦SLの広場」へやって来ました。鉄道が好きな方には様々な車両が屋外展示され、車内にも立ち入る事ができるので子供連れにもお勧めです。

f0217507_11145008.jpg
この日は城崎温泉に投宿。日曜日の夜でしたが、温泉街は賑わっていました。2日間で3湯をハシゴしました。

f0217507_11145052.jpg
さらに西へ足を伸ばして余部鉄橋へ。「空の駅」を建設中でした。今回は歩いて登りましたが、エレベーターが出来れば便利になりますね。


by bzg01041 | 2017-10-09 11:30 | | Comments(2)

f0217507_20144059.jpg
富山市の日本海沿いの港町「岩瀬」の風景。北前船の寄港地として栄えてきましたが、このような造り酒屋の立ち並ぶ路地もいいものです。

f0217507_20144149.jpg
雨あがりの「酒商田尻本店」の通り抜け路地です。偶然通りかかっただけですが、思わずカメラを構えてしまった一枚です。

f0217507_20144141.jpg
石川県の「重要伝統的建造物保存地区」に指定された橋立地区です。のんびりと周囲を見渡しながら雰囲気を楽しめる場所ですね。

f0217507_20144165.jpg
さらに南下して福井県の「河野村船主集落」の路地です。ここは距離は短いですが、見ごたえのある廻船問屋が立ち並ぶ一角となっていました。



by bzg01041 | 2017-09-04 20:33 | | Comments(2)

f0217507_22004836.jpg
延暦寺の門前町「坂本」の街へと出かけてみました。まずはその前に滋賀県大津市に残り、鉄道記念物となっている「東海道線 旧逢坂山トンネル」へ。場所がわかりにくいので、探すのに苦労しました。

f0217507_22004805.jpg
さて、散策の前に「鶴喜そば」で腹ごしらえです。13時15分に到着し、30分待ちでようやく店内へ。今回は中庭に面した部屋に通され、ざるそばをいただきました。

f0217507_22004824.jpg
坂本の街の特徴は「穴太(あのう)積み」と呼ばれる石垣です。

f0217507_22004980.jpg
今回はクルマにクロスバイクを積み込んで、坂本の街を巡りました。少し距離がある所でも気軽に訪れる事ができるのが自転車の強みですね。


by bzg01041 | 2017-09-01 22:17 | | Comments(2)