徒然なる明日へ

bzg01041.exblog.jp

日常とは異なる風景を求めて、気ままに…

ブログトップ

ポルトガル リスボンの鉄道

f0217507_09401426.jpg
ポルトガルの最終日は鉄道の世界へ。
ここはリスボン近郊にある世界遺産シントラの街への入り口「シントラ駅」です。
売店もあり、パンなど豊富に取り扱っていますので、食には困りませんよ。

f0217507_09401511.jpg
シントラ駅のホームにて。日本には上野駅など終着駅にしか存在しない頭端式の2面3線のレイアウトです。
車内はごく普通の近郊形電車でした。

f0217507_09401536.jpg
シントラ駅から到着したリスボン市の「ロシオ駅」です。外光を取り入れた明るいホームでした。

f0217507_09401541.jpg
有名な「ピッカのケーブルカー」です。観光客で常に満員ですが、ゆっくり歩いても10分程度の距離を走っています。

f0217507_09401596.jpg
次は市電の28系統へ。この急こう配を電車が一気に駆け上がるのは日本ではなかなか見られない光景です。坂の街リスボンならではの風景です。

f0217507_09401547.jpg
同じく市電28系統。この狭い路地にも市電が走っています。専用軌道ではなく、クルマも数珠繋ぎになって走っているのが珍しかったですね。

[PR]
by bzg01041 | 2018-01-28 09:56 | 鉄道 | Comments(0)