f0217507_20173627.jpg
2月23日(土)に初めて地元のホテルでの開催となりました。陽光の差し込む屋外を最初の撮影場所に選びました。

f0217507_20173615.jpg
ここではチャペルも使わせてもらえました。先週のチャペルとは違って明るい室内は色々とトライができますね。

f0217507_20173682.jpg
こちらもチャペルです。初めての撮影場所はやはり楽しみが増しますね。

f0217507_20173735.jpg
ホテルのバーも使わせてもらいました。敢えて横顔をリクエストした一枚です。

f0217507_20173791.jpg
バーを出て、客室へと続く廊下を使わせてもらいました。

f0217507_20173709.jpg
バーに隣接するラウンジにて。客室での撮影も可能でしたが、チャペルとバーエリアで1日撮影というパターンになりました。これからも利用したい場所ですね。

# by bzg01041 | 2019-03-16 20:35 | 撮影会 | Comments(0)

f0217507_19453286.jpg
愛知県形原温泉での「馬場信幸のモデル撮影会」2日目です。前日は12時近くまで参加者同士で飲んでいましたが、二日酔いになる事もなく撮影に入る事ができました。

f0217507_19453204.jpg
この日もダンスホールがメイン会場となりました。広い部屋なので、囲み撮影でも余裕がありましたね。

f0217507_19453279.jpg
先生考案のSTFレンズ撮影用のシチュエーションです。ここでは順番待ちの列ができました。

f0217507_19453281.jpg
今回は馬場先生の様々な仕掛けが為されていたので、「行列のできる…」となりました。反面、それ以外の場所からはゆとりを持って Hitomi さんを撮影できましたね。

f0217507_19453246.jpg
今回、一番の楽しみだったチャペル内で。ここは2回目ですが前回の撮影ではストロボを多用した記憶があります。

f0217507_19453232.jpg
天候の加減でしょうか。今回は自然光とLEDだけで十分撮影を楽しむ事ができたのは予想外でした。

f0217507_19453202.jpg
食事の合間に沖縄料理と海鮮系のどちらがお好きかとお聞きしたら、海鮮系との事でした。これで近い将来、函館DXで美味しい海鮮料理を楽しむプランが現実味を帯びてきたかもしれません。

f0217507_19453397.jpg
初めての2日間通しでのDX撮影会の感想をお聞きしたいものです。次回は5月の大阪でしょうか。


# by bzg01041 | 2019-03-06 20:31 | 撮影会 | Comments(4)

f0217507_19591577.jpg
2月16日(土)から17日にかけて、愛知県形原温泉で「馬場信幸のモデル撮影会(旧ババロア撮影会)」が開かれました。モデルはDX撮影会は初めての Hitomi さんです。

f0217507_19591574.jpg
会場となったホテルは経営こそ変わりましたが、自由に館内を使わせていただけたので昨年同様に撮影場所に事欠くことはありませんでしたね。

f0217507_19591536.jpg

f0217507_19591585.jpg
館内のダンスホールにて。2日間の撮影はここがメイン会場となりました。

f0217507_19591625.jpg

f0217507_19591631.jpg
唯一の客室での撮影です。DXでお馴染みのスタンドライトを使用して。

f0217507_19591632.jpg
同じく客室内での撮影ですが、この頃からコンタクトの影響で瞬きが多くなったHitomiさん。勿論、参加者が終了間際にコンビニに急行して目薬を調達しました。この参加者同士の協力があってこその本撮影会です。

f0217507_19591602.jpg
白のカーテンが背景となったウェディングドレス。WBを何度か修正しながらのトライでした。

f0217507_19591678.jpg
今年購入したLENSBABY Velvet 56mmでの一枚。馬場先生にもご教示いただきましたが、まだまだ使いこなすにはほど遠いようです。

この日は18時まで撮影が続きました。DX撮影会としても久しぶりの長時間での撮影です。Hitomi さんもお疲れ様でした。

# by bzg01041 | 2019-02-24 21:25 | 撮影会 | Comments(4)

f0217507_19435069.jpg
新年を迎え、機材も新たに撮影会です。α7Ⅲ・SONY STF100mm・LENSBABY Velvet 56mm を用意しました。

f0217507_19435077.jpg
手探りで設定を見直しながらの撮影開始です。今回の洋館は2回目でしたが、新しい撮影場所の発見もありました。

f0217507_19435080.jpg

f0217507_19435189.jpg
床の市松模様を生かしたいと思いましたが、ウデが伴っていませんね。

f0217507_19435155.jpg
洋館地下のボイラー室を使って。ここは面白いシチュエーションが色々と楽しめそうです。

f0217507_19435049.jpg
午後の部に入り、衣装チェンジです。ブルーの衣装が映える場所を探してのスタートでした。

f0217507_19435053.jpg
いつもと少し違う表情を感じて、セレクトした一枚です。

f0217507_19435070.jpg
今回はいつもよりショートバージョンでの撮影だった点に加え、慣れないボディとレンズに悪戦苦闘しながらの一日でした。もう少し勉強が必要ですね。

# by bzg01041 | 2019-02-07 20:34 | 撮影会 | Comments(0)

年末年始は北アフリカのサハラ砂漠が有名なチュニジアを訪問してきました。成田から24時間の長旅となりました。

f0217507_18443497.jpg

ここは「ザグーアンの水道橋」。2世紀に造られ132kmにわたって水を運んだ遺構です。

f0217507_20300585.jpg
水道橋のすぐ脇をレールが通っていました。鉄道ファンとしては見逃せない光景です。

f0217507_20300464.jpg
ケロアンという街の旧市街にある路地に迷い込んで。このような日本にはない風景が海外の魅力です。

f0217507_20483716.jpg
さらに翌日はトズールという街の旧市街へ。ここは個人的には今回、一番気に入った街になりました。日陰煉瓦を組み合わせた様々な壁が見どころです。

f0217507_20300558.jpg
この日の宿泊はサハラ砂漠でした。日没間際の長く伸びる人影を一枚。

f0217507_20300572.jpg
3世紀に建築された「エルジェムの円形闘技場」にやって来ました。ローマにある闘技場よりも保存状態がよく、周囲が400mもあるそうです。

f0217507_20300542.jpg
チュニジアン・ブルーと称される「シティ・ブ・サイド」へ。青い窓枠と白壁で彩られた家々の街です。ここはアーモンドティーで有名な「カフェ・デ・ナット」です。

f0217507_20300520.jpg
最終日、首都チェニスの早朝の風景です。7時というのにまだ夜が明けきっていないのが印象的な国でした。



# by bzg01041 | 2019-01-31 21:19 | | Comments(4)