ブログトップ

徒然なる明日へ

bzg01041.exblog.jp

日常とは異なる風景を求めて、気ままに…

カテゴリ:鉄道( 22 )

2009年に台風で被災し、長らく不通になっていた三重県の「名松線(JR東海)」が2016年に全線復旧されたので、16年ぶりに再訪してみました。


f0217507_21035954.jpg
旅のスタートは名古屋駅。快速「みえ51号」に乗車です。

f0217507_21034733.jpg
最初の下車駅は「比津駅」です。やはり駅は俯瞰で撮るのがベストですね。

f0217507_21035264.jpg
この駅で松阪駅の駅弁「本居宣長弁当」の昼食です。牛しぐれと牛そぼろに錦糸卵がいい味を出しています。

f0217507_21033037.jpg
次は名松線を数駅戻って「伊勢竹原駅」へ。駅でお弁当を食べているハイキングのご夫婦がいらっしゃいました。

f0217507_21033638.jpg
再び、名松線で先へ進み、「伊勢八知駅」へ。ここは数少ない有人駅(平日のみ)です。駅前に津市役所支所がありました。


f0217507_21030522.jpg
そして終点の「伊勢奥津駅」へ到着です。予想に反して大勢の乗客が下車しました。お土産店やレンタサイクルなど観光客向けの施設も整っていました。

f0217507_21031902.jpg
「伊勢奥津駅」には給水塔が残っていました。鉄道遺産といってもいいでしょうか。以前はここからバスに乗り継いて、名張駅へ抜けましたが今日はこのまま引き返します。

日帰りでしたが、満足した鉄道の旅でした。


[PR]
by bzg01041 | 2017-03-21 21:28 | 鉄道 | Comments(0)
日本の鉄道全踏破を目指して、今回は東北・北海道を巡ってきました。

f0217507_20541972.jpg

青森県津軽半島にある津軽線終着駅の「三厩駅」です。ここへは3度目の訪問ですが、生憎の大雨でした。

f0217507_20565672.jpg

翌日は津軽半島にあるもうひとつの終着駅 津軽鉄道の「津軽中里駅」へ。この日も雨が続きます。

f0217507_2058928.jpg

今回の目的地のひとつ「青函トンネル記念館」にある体験坑道ケーブルに乗車して、今から青函トンネルにある龍飛海底駅まで降りていきます。

f0217507_211728.jpg

この先500mに「龍飛海底駅」があります。以前はそこまで見学できたようです。

f0217507_21293.jpg

次の日は北海道(函館)へ上陸。歴史的建造物の「相馬株式会社」の前で市電が通過するのを辛抱強く待ちました。

f0217507_2161758.jpg

札幌駅から札沼線に乗って、終着駅の「新十津川駅」へ。ここも2度目の訪問ですが、到着する列車はわずか1日1本だけです。この日も雨でした。
[PR]
by bzg01041 | 2016-08-16 17:00 | 鉄道 | Comments(2)
十津川村からの帰途は、五新鉄道跡の訪問です。これは列車が一度も走ることなく、建設が中断された鉄道の痕跡を巡る一日です。

f0217507_20122956.jpg

国道168号線を走っていると、ポッカリと口を空けたトンネルが姿を現しました。「天辻トンネル」の出口です。今は宇宙関係の施設に変貌していました。

f0217507_20185799.jpg

五條市内の168号を跨ぐ地点です。GPSで場所を探す時は、「五條病院」が最寄り地点です。

f0217507_20221445.jpg

同じ場所の反対側です。今回は自転車をクルマに積んで出かけたので、この道をどこまでも走っていきたくなりました。

f0217507_20231563.jpg

五新鉄道跡では有名なアーチ橋です。

f0217507_2024894.jpg

吉野川を前にプッツリと工事が中断され、放置された鉄道遺産です。一度は列車を走らせて乗車してみたかったですね。

次回はこの翌日に宿泊した「奈良ホテル」です。
[PR]
by bzg01041 | 2015-08-10 10:00 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_20443121.jpg

西日本に残る未乗線区を訪ねる旅となりました。1枚目はSL時代の給水塔が残る鳥取県の「若桜鉄道の終着駅 若桜駅」です。

f0217507_20474977.jpg

同じく「若桜駅」にて。映画のセットを思わせる佇まいです。

f0217507_20525361.jpg

鳥取市内にある「仁風閣」に立ち寄りました。明治時代に建てられた西洋館です。

f0217507_20544373.jpg

支柱が1本もないらせん怪談。匠の技ですね。

f0217507_20563764.jpg

一転して、岡山県にある「宇野駅」へ。ここは瀬戸大橋ができるまでは四国への重要な玄関でした。

f0217507_20584627.jpg

倉敷市にある「水島臨海鉄道」の終着駅、「三菱自工前駅」です。8キロ歩いてここに到着しました。

f0217507_2102881.jpg

山口県の「錦川鉄道 錦町駅」へ到着しました。

f0217507_214762.jpg

錦川鉄道からJR岩徳線への乗り換え駅「川西駅」でも下車。

f0217507_215029.jpg

九州へ入り、JR日田彦山線と平成筑豊鉄道の乗り換え駅「田川伊田駅」で下車。雪景色とボタ山?を眼下に。

f0217507_217993.jpg

最後の訪問地 「筑豊電鉄」に乗車して、「筑豊直方駅」へ。これで日本の鉄道の乗車率90%を達成する事ができました。
[PR]
by bzg01041 | 2014-12-27 15:00 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_21111369.jpg

関西の鉄道巡りパート2です。ここは南海電鉄 高野線の終着駅「極楽橋」です。乗客のほぼ全員が高野山へのケーブルに乗り換える中、駅前広場には人一人が通れる道があるだけでした。

f0217507_2112588.jpg

阪神電鉄 武庫川線の「武庫川団地前」です。

f0217507_2119584.jpg

神戸電鉄 公園都市線「ウッディタウン中央駅」までやって来ました。盲腸線は大手私鉄といえどもワンマン運転の路線が多いですね。

f0217507_21223254.jpg

能勢電鉄 妙見線「妙見口」です。ここからバスでケーブルの「黒川駅」へ向かいます。

f0217507_21225629.jpg

妙見の森ケーブル 「黒川駅」。ここまで全ての切符は 「スルっとKANSAI 」を使ってきましたので、無料でしたが、このケーブルだけは対象外だったのが印象的です。

f0217507_21252371.jpg

最後は阪急電鉄 甲陽線の「甲陽園」です。この鉄道旅でようやく関西の全ての私鉄路線を乗り終える事ができました。次回は北へ向かいます。
[PR]
by bzg01041 | 2013-12-29 14:30 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_20574462.jpg

秋の一日、愛知・岐阜県境に残る中央西線の廃線跡を歩いてきました。現在では複線トンネルが貫いている県境の開通当初の車窓風景です。

f0217507_210940.jpg

トンネルが幾重にも続くこの「愛岐トンネル保存群」ですが、このルートが再発見されたのは平成18年。まだ数年前の事だそうです。

f0217507_2141266.jpg

廃線跡が一直線に伸びています。足元は枕木こそありませんが、砕石は当時のままでしょうか。歩きにくい道ですが、ここは間違いなくSLが通っていた線路跡です。

f0217507_2174619.jpg

SLから見えたであろう車窓風景です。「玉野渓谷」といい、その当時はこの川にボートが浮び、名古屋市民の川遊びスポットだったそうです。

f0217507_2111371.jpg

ここは春と秋しか一般公開されない場所ですが、この日は「荒野のヒカリ」というアートプロジェクトが開かれていました。トンネル内部にこのような展示が為されています。

f0217507_21132391.jpg

レンガのトンネルの側壁を使って、こんな映像も流れています。
往復3.4kmのこんな散歩もいいものですよ。、
[PR]
by bzg01041 | 2013-10-27 10:00 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_20511252.jpg

東京発、出雲市行きの夜行列車に熱海駅から乗車です。1ヶ月前の10時に仕事を休んでまでチケット入手に奔走し、第一希望のシングルDXは取れませんでしたが、第2希望のシングルを押さえました。

f0217507_20553420.jpg

そのシングルの室内です。列車中央の通路からドアを開いた状態で撮影しました。広くはありませんが、個室です。

f0217507_20571648.jpg

枕側からドア方向を撮っています。ちなみに列車は2階建てで、この部屋は2階にあります。

f0217507_20585492.jpg

2階室の特徴は窓がおおきく天井にまで回り込んでいるところです。晴天の夜であれば、ベッドに寝転びながら星空を眺める事ができますよ。

f0217507_2105386.jpg

列車の通路は両側に個室が並ぶだけで、ほとんど物音がしません。これからシャワールームに出向いて、朝風呂です。
[PR]
by bzg01041 | 2013-08-11 23:30 | 鉄道 | Comments(3)
f0217507_2312488.jpg

春の一日、未乗線区のひとつでもあった「長良川鉄道」の乗車に出かけました。起点駅の「美濃太田駅」で全国に5駅しかいない「駅弁の立ち売り」を見かけました(画面 左奥)ので、早速購入です。

f0217507_23151369.jpg

美濃太田では葉桜になっていましたが、北上するにつれ車窓からは桜が目につくようになりました。名古屋と金沢を結ぶ「さくら道」が思い浮びます。

f0217507_2320691.jpg

2時間の乗車で、終着駅「北濃」に到着です。山をひとつ越えれば、そこは福井県です。

f0217507_23215747.jpg

北濃駅にはSL時代の「転車台」が残っていました。ここで機関車の向きを入れ替えていたんですね。

f0217507_23233070.jpg

帰路は桜に魅かれて、「深戸駅」で予定外の途中下車です。

f0217507_23242350.jpg

最後は当初の目的の「大矢駅」で下車。この貨物ホームと奥にみえる駅舎は昭和のノスタルジーを感じさせます。
[PR]
by bzg01041 | 2013-04-07 10:00 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_2175141.jpg

滋賀・京都・大阪の3県の終着駅を巡ってきました。最初は近江鉄道の「多賀大社前駅」から。

f0217507_2193239.jpg

続いては信楽高原鉄道の「信楽駅」に停車中の 「盆梅列車」です。

f0217507_21103017.jpg

この車内に梅の盆栽が飾ってあり、芳ばしい香りが漂っていました。

f0217507_21122697.jpg


f0217507_21124920.jpg

さらに足を伸ばして比叡山ケーブルへ。「ケーブル坂本駅」と「ケーブル延暦寺駅」です。これらはいずれも大正時代に建築の国の有形文化財です。

f0217507_21175447.jpg

京阪電鉄交野線 「私市駅」にもやって来ました。

f0217507_21194056.jpg

叡山電鉄鞍馬線の「鞍馬駅」へは、きらら電車の乗り心地を試しながら…。

f0217507_2122230.jpg

最後は同じく鞍馬線の 「岩倉駅」で途中下車。ここから京都市営地下鉄の終着駅 「国際会館駅」まで徒歩でショートカットしたのが、今回のスケジュールの目玉でした。
[PR]
by bzg01041 | 2013-03-09 10:00 | 鉄道 | Comments(2)
f0217507_9455148.jpg

都内の地下鉄完乗を目指して!3回目は復元なったここ東京駅から発車です。

f0217507_9501321.jpg

杉並区にある 「丸の内線」の方南町支線の終着駅 「方南町駅」です。ビルの一角にひっそりとありました。

f0217507_9515037.jpg

板橋区にある 「三田線」の終着駅 「西高島平駅」にもやって来ました。

f0217507_9541020.jpg

「南北線」から直通の電車で、埼玉県の「浦和美園駅」に到着です。地下鉄の末端区間は地上を走るケースが多いのですが、この線は駅付近まで地下を走行しながら、地上部はのどかな風景が広がっているというアンバランスが特徴的でした。

f0217507_103769.jpg

日暮里駅の陸橋から。ここは日本最大の複々線区間です。この旅でようやく都内の地下鉄を乗り終える事ができましたが、単調な風景が続くためお勧めはできませんね。
[PR]
by bzg01041 | 2013-01-06 09:00 | 鉄道 | Comments(2)